看護師の仕事と生活の両立

透析看護師が短時間・短期間で働くには



せっかく看護師の資格を持っていても、長時間の勤務や夜勤がネックとなって看護師の仕事に就くことができない人がいます。 子育てや介護をしていて、長い時間家を空けるわけにはいかないという人もいます。
准看護師と正看護師の違いって何?

とくにこれから高齢化が進むこともあり、介護のために正社員として働くことができない人は今後も増えてくるでしょう。 また自分の自由な時間を確保するためとか、スキルアップするために学校に通いながら働きたいという人もいます。

一方病院では看護師が慢性的に足りず、人材の確保にどの病院も苦労しているというのが実情です。 看護師の仕事は長時間に及びますし、夜勤をする人がいないと困ってしまいます。

これまでは病院側も、フルタイムで働いて夜勤も対応できる人を採用してきました。 新卒の時はこの条件で働くことができた人も、ライフスタイルの変化によって、短時間しか働けなくなることがあります。 これまでは、そうした人はやむを得ず退職するしかなかったのです。

退職する看護師がいても、その穴をすぐ他の人で埋めることができればまだいいですが、看護師不足でそうもいかなくなっています。 でも採用する側が考え方を変えて、短時間勤務を希望する人を採用したり、夜勤専門で働く人を募集することができれば、これまで働くことをあきらめていた人も職場に復帰することができます。

しかし短期間しか働けない人は、どうしても正社員より待遇が低くなってしまうのが現状です。 これでは働く側のモチベーションも上がりません。 そこで最近は「短時間正職員制度」という名称で、正社員に近い待遇を保証する働き方が登場しています。

日本看護協会では、短時間正職員としての採用を増やすように病院に働きかけていますから、今後は短時間しか勤務できないけれど正社員並みの待遇で働く人が増えるかもしれません。 またごく短期間のスポット的な仕事をすることも可能です。

たとえば健康診断の補助業務などで看護師を募集していることがありますから、時々なら働くことができるという人は検討してみると良いでしょう。


経験を積み、看護主任や看護師長へ

看護師としての経験を積んでいくと、やがてスタッフをまとめていく役割を求められるようになります。 だいたい看護師として10年ほど勤務すると、看護主任になります。 役割としては看護師長の一つ下になるので、看護師長の補佐も仕事の一つになります。

看護主任は職場がスムーズに動くように考えたり、スタッフの管理をするなど仕事内容はたくさんあります。 看護師長の下の役職ですので、スタッフの意見を上に報告したり、逆に上司の考えを下に伝えるのも大切な仕事です。

スタッフの仕事が円滑に進み、また事故やミスを防止することも重要です。 万が一ミスが発生した場合には迅速に処理し、適切な対応をするなど熟練した看護師ならではの役割が求められます。 看護主任になると役職手当がつきますから、給与もアップします。

現場の看護師達が気持よく働けるかどうかは看護主任のまとめ方によるところも大きいので、常に現場をよくチェックしながら悩んでいる人がいたら相談にのってあげるようにすると良いでしょう。

看護主任は看護師長と看護師の中間に位置するので、中間管理職として上からも下からも頼りにされる役職です。 両者の板挟みによってつらい思いをすることもあるかもしれませんが、それを乗り越えることでさらにパワーアップすることもできるでしょう。

次に総看護師長ですが、これは看護師の中でもトップクラスの役職です。 経験が長いだけではなく、高い看護レベルを持っていて、看護師をまとめる役割を果たす必要があります。

給与は高いですが、その分責任も重く、看護サービスの責任者として十分に自覚を持っていなければなりません。 いろいろな計画を立案したり、看護師の求人に関わったりもします。

どのような仕事をするかは病院によって違いがありますが、看護師達のトップに立つということから、仕事の大変さが分かります。 細々とした業務を行いながら、全体的なバランスも見ていく必要があるので、責任が重いことは確かです。

透析看護師の働き方│公務員になる

公務員の仕事は安定しているので、とくに不景気や就職難の時代には志望する人が増えます。 看護師の資格を活かし、公務員として働こうとする人もたくさんいるのです。

看護師が公務員になろうとするなら、公立の病院で働けば良いのです。 国立病院・市立病院といった、公立の病院に勤務すれば、公務員ということになります。 とくに公務員試験を受ける必要もないので、公務員になるための受験勉強などは不要です。

もちろん一般の病院を受ける時と同じように、採用試験や面接には合格しなければなりません。 でも公務員試験を受けるよりは準備が大変ではないので、比較的簡単に感じるでしょう。 国立病院に入れば国家公務員になりますし、県立病院や市立病院で働くと地方公務員という身分になるのです。

公立の病院に入りたいなら、募集があるかを調べる必要があります。 病院のホームページをチェックしたり、自治体に問い合わせるなどして確認しましょう。 公立病院は人気が高いので、応募者が殺到することもあります。 自分で情報収集するのが大変であれば、看護師専門の転職サイトに登録すると簡単に検索することができます。

転職サイトによっては公立病院の求人をかなりたくさん扱っている所もありますから、そうしたサイトで探すとたくさんの情報を見ることができます。 ただし、公立病院の求人は常にあるわけではありません。 病院の数自体が民間よりも少ないので、時期によっては見つからないこともあります。

公務員として働くと、普通の病院で働くよりも福利厚生が充実しています。 たとえば育児休暇を3年間まで取得することができるなど、一般の看護師よりも恵まれた待遇で働くことができるのです。

また長く勤めることができれば、公務員として一般の人よりも高い年金を受け取ることができます。 ただし、途中で退職した場合は公務員なので失業手当の給付を受けることができません。 これは、公務員なので雇用保険に加入していないためです。

看護師が出産で利用できる公的制度

世の中にはいろいろな仕事がありますが、資格を持っていないとできない仕事はいつの時代もニーズがあり、一生働き続けることも可能です。 看護師の仕事もそんな素晴らしい仕事の一つなので、子供を産んでも働き続けられるようにとこの仕事を選ぶ人も多いのです。

それでは実際に出産にあたって看護師の方が利用できる公的な制度にはどんなものがあるのか、詳しくご案内していきましょう。 まず出産に関する費用について気になっている方も多いでしょうから、そこから説明します。

出産する時には入院費用や分娩に関わる費用がかかります。 これらは入院する病院によっても違いますが、50万円前後かかるのです。 入院が長引いたり、無痛分娩などの特殊な方法を選択するともっとかかることもあります。

出産はお金がかかるので事前に大金を用意しておかなければならないと焦る人もいますが、出産育児一時金というのが支給されますからあまり心配はいりません。 金額としては42万円支給されますので、出産費用はほぼこれでまかなうことができるのです。

以前は一度自分でお金を立て替えてから支給を受けていましたが、最近はその必要もなくなりました。 また妊娠したあとも仕事を続ける人は、出産予定日の6週前になったら産前休暇をとることができます。 看護師の方は自分が抜ける影響を極力少なくしようと考えて、出産ギリギリまで働こうとする方もいます。

でも看護師の仕事は立ち仕事ですし、忙しく走り回るようなことも多いので、あまり無理をしない方がいいと思います。 デスクワークの仕事ならあまり体に負担もかかりませんが、やはり体を使う仕事は負担も大きいのです。 切迫早産で休養を余儀なくされる場合もありますから、無理は禁物です。

さらに出産後は育児休暇をとることができます。 この休暇中は給与の4割程度の支給を受けることができますから、子育てに必要な費用も捻出できるでしょう。

ちなみに育児休暇は父親でもとることができますから、自身は看護師として復帰して、父親に家事と子育てを依頼することもできるのです。