面接の心構えは?

転職の面接が苦手な看護師はどうすればいい?

転職をすることになれば面接についても考えなければなりません。 ですが、面接が苦手という看護師の方も多いのではないでしょうか。

面接では様々な質問をされるため、それに対する答えを用意しておけばある程度対策が取れます。 何も考えずに面接に望んでしまうと緊張して頭が真っ白になることも考えられるため、しっかり練習しておきたいですね。

そこでおすすめなのが知り合いや家族にお願いをして面接のシミュレーションをしておくということです。 面接室への入り方なども、マナーを確認しながらよく練習しておきましょう。

看護師の面接対策をする際にやっておきたいのが、面接のマナーや面接で多い質問についてまとめられた書籍を確認するということです。 書籍を購入するのが面倒ということであればインターネット上からでもある程度調べることができるのでそういったものを参考にしましょう。

実際に面接を受ける際の注意点として挙げられるのが、前の職場の悪口は言わないということです。 なぜ前の職場を辞めたのかという質問はどこでもされますが、この質問に対して悪口で答えてしまうと印象が悪くなるので注意しなければなりません。

ここでのポイントともいえるのが、スキルアップがしたかったなどの前向きな回答をするということです。

また、受け答え自体は問題がなかったものの、見た目で悪い印象を与えてしまうことも珍しくありません。 例えば、髪がボサボサだったりシャツがしわしわだったということになるとどうしても良い印象を与えることはできませんよね。

こういったポイントも、マニュアルを確認すれば掲載されているはずなので、チェックしてみてくださいね。

このように事前に面接の対策をとっておいても、いざ本番になるとどうしても緊張してしまうという方も多いでしょう。 そういった場合は事前に、「面接になるとどうしても緊張してしまうタイプです」と面接官側に伝えておくことにより気持ちが楽になるでしょう。

相手も緊張していることを理解してくれるわけなのでかなりやりやすくなります。